永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛と聞くと、皮膚ガンや肌トラブルなどの副作用を心配する方が少なくありません。しかし、実際には永久脱毛には体に悪い作用はないと言うことができます。例えば、日本医学脱毛協会によると、施術に使用されるレーザーの光は赤外線に近いものであるため、紫外線によって引き起こされる皮膚ガンになる心配はまずないとされています。さらに、このレーザーの光は奥深くまで到達することはないため、内臓や血管に影響を与えて病気を引き起こすといった心配もないと言えるでしょう。

永久脱毛による副作用

永久脱毛を行う際には、施術後に次のような副作用が出ることもあります。まず、レーザーの出力が肌や毛の質にあっていないことによる火傷や、レーザーが毛根の黒い部分に反応することで、その周辺の皮膚が軽い炎症を起こしたり、肌が弱い人の場合、赤みが続くことがあります。また、毛膿炎と呼ばれるニキビのような症状が出る人もいます。毛膿炎は、脱毛が進むにに従って、出にくくなるともいわれています。これらの症状は、通常一時的なもので、脱毛後数時間~数日でおさまりますが、クリニックで処方される炎症を止める内服薬や塗り薬を使うことでも対処することができます。ですので、もし症状があらわれた時には、処方された薬をしっかり使用する、医師に相談するなどして、早めに対処するようにしましょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をする人の多くはわきをきれいにしたいと考えますが、その時にワキ汗やワキガの心配をする人も多いです。s化しながらそのような副作用は考えにくく、実際にはそのようなことはありません。口コミでそのような情報を見ることはありますが、勘違いである場合が多いです。脱毛を試みると、毛がない分、ダイレクトに服に汗が付着することが多いので、汗が増えたように感じる人が多いのです。実際にはそのようなことは考えにくいのです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

肌をきれいにするために永久脱毛に通った結果、肌トラブルに見舞われてしまうというケースもあります。レーザー照射の熱による火傷のために、肌が赤みや帯びたり、腫れたり、色素が沈着するトラブルや、乾燥によるかゆみなどのトラブルが起こることもあります。ですので、クリニックでは脱毛後に冷却ジェルなどを塗って肌をクールダウンさせてくれますが、さらに脱毛後は自宅でもしっかりと保湿ケアを行うことも大切です。また、脱毛後は肌が敏感になっているので、日焼けにもいつも以上に注意するようにしましょう。敏感肌やアトピー肌の人は、カウンセリングの際にしっかり症状を伝えて、脱毛できるかどうか、どのような脱毛方法や機種が合うのかを、あらかじめ確認して脱毛をしていくようにしたいですね。

永久脱毛 京都 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です